旬報社ホームページは移転しました。
新しいURLは、http://www.junposha.com/になります。
ブックマークに登録されている場合は、URLの変更をお願いいたします。

教師 学びの演出家

06/12/08

新しい教師像の提案!
20年以上にわたって授業に演劇的表現の可能性を追求・実践しつづけてきた著者が
コトバ、モノ、身体を駆使した学びの世界を創造。

教師 学びの演出家の表紙:クリックすると大きくなります

渡部 淳

A5・並製・220頁
定価 2,625円税込み(本体2,500円)
発行日 2007年3月26日
ISBN 978-4-8451-1001-8

【著者プロフィール】

渡部 淳(わたなべ じゅん) 日本大学文理学部教授(教育内容・方法論、国際理解教育論)。1951年秋田県生まれ。
国際基督教大学(ICU)大学院行政学研究科博士後期課程満期退学。ICU高校公民科教諭を経て、2003年より現職。
著書に、『討論や発表をたのしもう-ディベート入門』(ポプラ社)、『国際感覚ってなんだろう』(岩波ジュニア新書)、『学校の居心地 世界と日本』(学事出版)、『教育における演劇的知』(柏書房/第42回演劇教育賞・特別賞)、『中高生のためのアメリカ理解入門』(明石書店・編著)など。

【目次】

はじめに

第1章 学びの演出家としての教師

学習スキル、シティズンシップ、演劇的知

未来市民の演出ノート『エミール』

社会変動と教師像の変容

教師の専門性の析出─アクティビティによる学びへ

シティズンシップと演劇的知

「教師・第二の誕生」の可能性を探る

第2章 参加・獲得型授業をめぐる状況と展望

1 今、授業の何が問われているのか

試行から成熟の時代へ

学習スキルの内在化とハードル

学びの分水嶺を越える

振子は本当にふれたのか

「学力」と「ゆとり」の二項対立を越えて

2 学習スキルのミニマムとはなにか

全身での知的探求をうながす獲得型授業

参加型学習の定着─4つのフェーズ

教師の自己トレーニングから見えてきたもの

コトバ、身体、モノ─表現活動の3つのモード

動ける身体の形成

参加の前提が問われている

「自学」と「参加・表現」のスキルとは

基礎というものの考え方

学習スキルを市民的スキルに開く

第3章 日本の教師は総合学習とどう向き合ってきたのか

1 総合学習に展望はあるか

「空っぽの器」の誕生─「総合的な学習の時間」とは

現場の模索─移行措置の経験

総合学習に吹く逆風

教育現場に広がる温度差

二重の逆説

総合学習が変える学び─知識注入型から獲得型へ

プロジェクト学習─北米の動向

総合学習で得られる達成感

変わる教師の資質─表現者・学習者・援助者として

総合学習がつなぐ学校・地域─学校文化へのインパクト

学校が新しい公共空間になる─スクール・コミュニティー

総合学習に未来はあるか

2 未完のプロジェクトとしての総合学習

文部科学省のねらい

「総合」出発時の状況

公立中学校教師の声

不十分なサポート体制

「読み替え」で対応する高校側の事情

中高一貫校の事例

新たな模索

人の流れを変えた─オンリー・ワン・イン・青陵

揺り戻しの中でこそ冷静な分析を

第4章 教師たちの総合学習─あかり座の九〇〇日

参加型学習定着の主体的条件

アメリカ理解教材の作成と普及─3つのステージ

アクティビティを用いる─試行授業とあかり座公開授業

メンバーの変容

教材のコンセプト

強力なサポート・チーム

現地取材─北米大停電に遭遇

教材作成のポイント─人物像を描く

“読み物”を書く難しさ

Eメールの効用 

あかり座公演─生徒たちの反応

教師の振り返り

21世紀への示唆

なぜアメリカ理解教材だったのか

第5章 「ドラマによる学び」の演出

“学びを全身化する”方法

1 学習プロセスの演劇的デザイン─エデュケーション・ナウ15

“It's all about the MONEY”を事例として 

演劇と授業改革の関わりをさぐる

エデュケーション・ナウの変遷

エデュケーション・ナウ15の準備作業

スキット「銀子のお金物語」に取り組む

学習のプロセス

教師の役割

演劇を授業改革に結びつける視点

2 100人が「ドラマをくぐる」授業(大学編)

演劇的プレゼンテーション─準備期間は2ヵ月

参加型で学ぶ教職科目

テーマは「大学卒業後の進路」

知的発見のプロセスを創造的活動につなぐ

ドラえもん登場

のび太くん「自分探し」の旅へ

専門家の目

参加感を高める配慮

学生たちからのメッセージ

「ドラマを生きる」授業へ

第6章 教師トレーニングとドラマワーク

ドラマ教育への接近

ドラマ教師に求められる総合的力量

大学授業における実践事例

演劇的技法とその教育的効果

ティーチャー・イン・ロール(Teacher-in-Roll)

ホット・シーティング(Hot-Seating)

現職教育とドラマワーク─「あかり座」教師たちの模索

ティーチャー・イン・ロールの応用事例

ホット・シーティングの応用事例

演劇的技法の応用可能性を探る

あとがき

前の表示に戻る

教育・子育てコーナーに移る

トップページに移る

ご意見、ご感想、お問い合わせは旬報社まで