旬報社ホームページは移転しました。
新しいURLは、http://www.junposha.com/になります。
ブックマークに登録されている場合は、URLの変更をお願いいたします。

悲鳴をあげる学校

親の“イチャモン”から“結びあい”へ

06/12/08

教師やめたい…。悩むまえにいっしょに考えよう!
要望、苦情、そしてイチャモン
「イチャモン研究第一人者」が、親の「ホンネ」と結びあう解決策を提案!

悲鳴をあげる学校の表紙:クリックすると大きくなります

小野田正利

四六判・並製・176頁
定価 1,470円税込み(本体1,400円)
発行日 2006年12月15日
ISBN 4-8451-1003-2

【著者プロフィール】

小野田正利(おのだ まさとし) 大阪大学大学院人間科学研究科教授。教育学博士。
1955年愛知県生まれ。専門は教育制度学・学校経営学。フランスの教育制度に関する「教育参加と民主制」の研究で日本教育経営学会賞(1997年)を受賞。名古屋大学大学院教育学研究科満期単位取得退学。1984年より長崎大学教育学部講師、助教授を経て、1997年大阪大学へ。
徹底して「学校のいまとこれから」を事実にそくしてていねいに考えることをめざし“学校現場に元気と自信を!”をモットーに地に足をつけた研究を続けている。

【目次】

第1章 悲鳴をあげる学校 ふえる学校へのイチャモン

  1. なんでもかんでも学校のせい?
  2. どこでも起きている学校へのイチャモン
  3. 学校は「迷惑施設」?
  4. 学校への要望、苦情、そしてイチャモン
  5. 「匿名性」の危うさ
  6. 事件は現場で起きている―イチャモン研究の動機
  7. イチャモンは本当に増えているのか
  8. 教師と学校の過剰反応

第2章 なぜふえる学校へのイチャモン

  1. 学校へのイチャモンの増加と社会の崩壊
  2. 学校だけがターゲットになっているわけではない
  3. 社会全体に広がっている「言ったもん勝ち」の風潮
  4. いまの社会は果たしてまともなのか?
  5. 「どっちもどっち論」は正しい?
  6. 学校へのイチャモン急増の理由
  7. 公教育をどうしようというのか?

第3章 イチャモンはどうしたら打開できるか

  1. 「本質」と「現象」を見きわめることの重要性
  2. ロールプレイングのすすめ―具体的ケースから学ぶ
  3. クイズ「次のケースはイチャモンか?」
  4. 「正解はない!」
  5. 立場と価値観のちがい
  6. 話し合うことの大切さ
  7. 一人で背負い込まないで共同化を
  8. 残念ながら解決できない場合もあります
  9. あと三年踏ん張ってくれませんか

第4章 子ども“で”つながろう“イチャモン”の裏返しは“連携”

  1. 保護者のみなさんへのお願い
  2. トラブル=子どもの成長の課題
  3. 日本の学校は本当に「閉鎖的」なのか?
  4. 日本の学校の“特質”とは?
  5. 「等身大の学校の姿」をみんなで確認
  6. “イチャモン”の裏返しは“連携”

前の表示に戻る

教育・子育てコーナーに移る

トップページに移る

ご意見、ご感想、お問い合わせは旬報社まで